6年ぶりのFF14 (麻雀のためだけ)

実に6年ぶり? に、FF14をやってみました。
新生FF14として開始した初期に数カ月もプレイしないで飽きて以来。
…と言っても、一切、戦闘とかMMORPGとして遊ぶ気はゼロ(笑)。

たまたま、アニメ見てたらFF14のCMやってて、
あんな、すぐ飽きたゲーム、まだ続いてるんだと思いつつ、
ゲームの中で何にでもなれる、とかやってる中に
「雀士にも」というとんでもない一言があったのがきっかけ。

え、もしかしてカジノでも追加されて
その中で麻雀でも追加されたんだろうか、とか思って
ちょっと調べたらマジで麻雀できるみたいです(笑)

で、前にやってた時は月額の定額料金でプレイしてたけど、
どうやら今はレベル上げずにいればフリートライアルでずっと遊べるらしい?
で、麻雀だけ遊ぶならレベルも上がらないからずっと遊べるかも?

麻雀て、ちょっとした暇つぶしになら結構面白いゲームだったはずなので、
麻雀するためだけにFF14を、新規アカウント作って始めてみました。

聞いた話だと麻雀の打てるゴールドソーサー解放まで
3~4時間もあれば行けるみたいな話だったんですけど…
私は朝始めて夕方まで一日かかりましたよ(笑)

やっとゴールドソーサーの麻雀フロアにたどり着いた画像がこちら。
FF14doma0.jpg
余談ですが右下の143という数字はGeforceExperienceの表示してるfps。
FF14は黒い砂漠よりもさらに古いゲームですし、
今のAlienwareならWQHDでもほぼ常時144fpsのままプレイできてます。
ずっとプリコネしかしてなくて実力遊ばせてた
RTX2080tiとi9 9900k が、半年使っててやっと仕事らしい仕事を(笑)

ちなみに上記の画像の左上の方拡大が下。

FF14doma1.jpg

確かにFF14で、しっかり麻雀卓なのが確認できると思います。
タイトル表示させるために一時的にウィンドウにしてるだけで、
普通はずっとフル画面プレイしてましたけどね。

まあ、相変わらずプレイの中心はプリコネなのですけど、
いかんせんプリコネは、スタミナ使いつくすと何もできなくなるので
長時間プレイには向かず、
そんな時に、時間つぶしの1つの追加要素として麻雀もできればいいかなと。

とは言いつつ、麻雀自体、最後にやったのは前にFF14やってた時より昔です(笑)
東関東大震災の起きる1年前に、
ちょうど完美世界が3周年記念の虎おじちゃんイベントとかやってて、
その時に3回目の完美復帰プレイをしてたのですが、
そこで完美を始める前の年に、Jong Plugged っていう、
麻雀牌が3D表示されてるのがかっこいいと思ったので遊んでたのが
多分最後なので、もう10年ぶりくらいになると思います。
さらに遡るとアナログダイアルアップ時代は
テレホーダイ時間に東風荘とかもしてました。もう20年以上前か(笑)

さすがに細かいルールとか役とか忘れてるかもですが、
遊んでれば思い出すでしょう。

…と思ったんですが、これ、牌のデザイン、
特に萬子が、独特過ぎて
どれがどれかわからなくてゲームになりません(笑)

manzu.jpg
上、どれがどれかわかりますか?
ノ萬、フ萬、千萬、与萬、ろ萬???????

一応、左から順に数字の1、7、4、5、3らしく、
一萬、七萬、四萬、伍萬、三萬なんですけどね。
全くパッと見て読めない…
上で画像に入れるの抜けましたけど、
二萬も数字の2からZ萬でしたし…
ノZろ千与 と並んでるの見ても12345と認識できないし
特に、理配されてる手配はまだしも、
ツモってきた単独の1牌だけ、
それが何に当たるのか、わからなかったり間違えたりで
いやホントゲームにならないですわ。

筒子とか索子はほぼ麻雀そのままなんですけどね。

あと、背景はリアルに3Dで描かれていて、
他のプレイヤーのキャラとかも通り過ぎたりする中、
麻雀のゲーム画面はしょぼい2Dなんですよね。
それでいて動作とか結構もっさり…

まあ、おまけのミニゲームだからあえて???

あまり出来が良すぎて、麻雀のためだけに
フリーでプレイする人ばかり増えても困るでしょうから
あえてそうしてるのかもですね。

この記事へのコメント